「Apple Watch」、血圧測定機能の追加は2024年以降か

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年04月13日 07時41分

 Appleが「Apple Watch」に血圧モニタリング機能を追加するのは、早くとも2024年以降になりそうだと、Bloombergが米国時間4月12日に報じた。ユーザーが高血圧かどうかを判断するのに役立つとされるこのセンサーとソフトウェアの追加に関し、Appleは試験段階で正確な測定に苦戦しているようだ。

Apple Watch Series 7
提供:Scott Stein/CNET

 Bloombergによると、Appleはまた、Apple Watchへの血糖値モニタリング機能の追加にも取り組んでいるが、その機能が搭載されるのは何年も先だという。

 Appleは、ヘルスとフィットネスをApple Watchの主要要素の1つとしている。2020年には、「Apple Watch Series 6」に血中酸素濃度を測定できるセンサーを搭載し、ワークアウトカタログにアクセスできるサブスクリプションサービス「Fitness+」を提供開始した。

 Apple Watchの次世代機である「Apple Watch Series 8」は、2022年秋の発表が見込まれている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]