アップル、開発者会議「WWDC22」を6月6日から開催へ

Jason Cipriani (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2022年04月06日 07時16分

 Appleは米国時間4月5日、2022年のWorldwide Developer Conference(WWDC)22を6月6日~10日に開催することを発表した。過去2回と同様にオンラインで開催するほか、本社のApple Parkに開発者と学生を人数限定で招待し、冒頭の基調講演とState of the Unionのビデオを視聴するSpecial dayも計画している。参加申し込みに関する詳細については、Apple DeveloperサイトおよびApple Developerアプリケーションで近日中に公開予定だ。

WWDC
提供:Apple

 さらに、開発者がAppleのOSやソフトウェアスイートの次期バージョンの新機能について視聴および学習できるとみられる、情報セッションや学習ラボをライブ配信する予定だ。

 Appleは例年、WWDCの初日に基調講演を行っている。基調講演では、その年に「iOS」「iPadOS」「macOS」「watchOS」「tvOS」にそれぞれ提供される新機能や変更点が、開発者と報道関係者に先行披露されてきた。

 WWDCで新しいハードウェアが発表された年もあったが、2022年のWWDCの基調講演で発表する準備が整ったハードウェアが存在するかどうかは、現時点では不明だ。

 Swift Student Challengeもまた開催される。応募期限は4月25日だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]