GM、ソフトバンクの持つCruise株式を約2500億円で取得--約1600億円の追加投資も引き継ぎ

 General Motors(GM)は、自動運転車を手がける傘下企業Cruiseの株式について、ソフトバンクグループの投資ファンドであるSoftBank Vision Fund(SVF)が持つ株式を21億ドル(約2525億円)で取得すると発表した。

 SVFは、2018年にCruiseへの出資を実施。その際、13億5000万ドル(約1625億円)の追加投資を約束していた。この追加投資も、GMが引き継いで実施するとしている。

 GMがCruiseを傘下に収めたのは2016年。その後もCruiseは独立した企業として活動し、GMとは柔軟性のある協力体制を維持してきたという。GMが投資を強化したことは、運転手なしで走る自動運転車を大規模展開する計画に取り組むGMの姿勢を表している。

 GMはCruiseとの関係を保ちつつ、財務状況を強化させ、自動運転車の量産を支援することで、Cruiseの差別化と商業化に向けた事業の推進を図る。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]