ベントレー、3Dプリンターによる自動車部品の製造能力を増強--試作加速や個別生産に対応

 Volkswagen(VW)傘下のBentley Motorsは、300万ポンド(約4億7000万円)投資し、英国のクルー工場で3Dプリンターによる部品製造能力を増強すると発表した。

3Dプリンターによる自動車部品の製造能力を増強(出典:Bentley)
3Dプリンターによる自動車部品の製造能力を増強(出典:Bentley)

 3Dプリンターを活用する製造方法は、付加製造(Additive Manufacturing:AM)と呼ばれている。Bentleyは、本社を置くクルーの工場で以前から3Dプリンターを利用しており、2021年には過去最高となる1万5000点以上の部品を製造した。たとえば、風洞実験に使う実物大モデル用の試作部品などを、3Dプリンターで作ってきた。

2021年には1万5000点以上を製造(出典:Bentley)
2021年には1万5000点以上を製造(出典:Bentley)

 Bentleyによると、3Dプリンターで部品製造コストを半減させられるという。そして、24時間の連続稼働で、25種類もの異なる材料を使い、数千個の部品を作れるとしている。

 AM体制を強化することで、試作や製造を外部に依頼する必要がなくなり、製品開発期間を短縮できると見込む。さらに、少量生産や個別生産への対応を進める。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]