ソニー、穴のあいた完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」--聴きながら聞こえる体験へ

加納恵 (編集部)2022年02月16日 10時07分

 ソニーは2月16日、穴の開いた完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds(リンクバッズ) WF-L900」を発表した。耳をふさがず開放的で、音楽を聴きながら、生活音を聞くことができる。発売は2月25日。想定税込価格は2万3000円前後になる。

「LinkBuds(リンクバッズ) WF-L900」
「LinkBuds(リンクバッズ) WF-L900」
装着イメージ。フィッティングサポーターと本体部でしっかりと保持する
装着イメージ。フィッティングサポーターと本体部でしっかりと保持する

 LinkBudsは、振動板の中心部が開放されている、新開発の12mmリング型ドライバーユニットを採用し、周囲のあらゆる音が自然に聞こえるというイヤホン。耳を塞がないため圧迫感がなく、カナル型よりも耳穴に負担がかからないなどのメリットを持つ。

 リング型ドライバーユニットはダイナミック型で、リング部分に磁石やコイルなどを埋め込み、中心部を開放しているとのこと。耳介に乗せるように装着する。しっかりとした音圧を確保しているため、開放型ながら満足感ある音を再生できるとしている。

イヤホン部の内部構造
イヤホン部の内部構造

 12mmリング型ドライバーユニットと統合プロセッサー「V1」によるクリアな高音質を実現。圧縮音源もクリアに再現する「DSEE」を搭載したほか、アプリ「Headphones Connect」を使用することで、イコライザーを調整し、自分好みの音質を再現できる。

 前モデルから大幅な小型化を実現した完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」に比べ、イヤホン本体で51%、充電ケースで26%の小型化を図り、ソニーの完全ワイヤレス史上では最小最軽量を実現。イヤホン本体を「フィッティングサポーター」で固定することで、高い装着安定性も確保する。フィッティングサポーターは、XS~XLまで5種類をそろえる。

5種類のフィッティングサポーターを同梱する
5種類のフィッティングサポーターを同梱する

 ソニーは、ストリーミング音楽配信サービスの拡大や、動画配信コンテンツの人気などもあり、コンテンツは多様化。ハイレゾや立体音響といったサービスも登場している中、音に接触する時間は長くなっている。一方で、テレワークなどが進みオンライン会議なども一般化し、聴きながら聞こえることへの重要度は増していると分析する。

 LinkBudsは、こうしたニーズを受け開発した新コンセプトのヘッドホン。スマホネイティブで、オンラインの利用時間が長いZ世代と、テレワークやワークアウトにイヤホンを活用する30~50代のビジネスパーソンをターゲットに据える。

 テレワーク需要を意識し、AI技術を活用した高精度「ボイスピックアップテクノロジー」を採用。AIがノイズを除去して声だけを相手に届けるため、クリアな通話ができるとしている。

 イヤホン本体で約5.5時間、充電ケースで約12時間、合計約17.5時間の使用が可能。イヤホン本体、または耳周りの顔を2~3回素早くタップすると操作ができる「ワイドエリアタップ」を採用する。イヤホン本体の操作のみでSpotifyの楽曲を再生したり、プレイリストを切り替えたりできる「QuickAccess(クイックアクセス)」にも対応する。

グレーとホワイトの2色
グレーとホワイトの2色

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]