インテル、仮想通貨マイニング向けチップを年内出荷へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2022年02月14日 10時24分

 Intelは米国時間2月11日、エネルギー効率が高いブロックチェーンアクセラレーターを開発していることを正式に発表した。2022年中に出荷を開始する予定だ。最初の顧客には、ビットコインマイニング企業のGriid Infrastructure、Argo Blockchain、Block(旧Square)などが含まれる。

 IntelのシニアバイスプレジデントであるRaja M. Koduri氏は発表の中で、「Intelは、オープンでセキュアなブロックチェーンエコシステムに関与して促進し、この技術を責任ある持続可能な方法で前進させるのを支援する」と述べた。同氏はアクセラレーテッドコンピューティングシステム・グラフィックスグループのゼネラルマネージャーも兼任している。

 顧客がスケーラブルで持続可能なシステムを求めているため、Intelは「最もエネルギー効率の高いコンピューティング技術を大規模に開発して、ブロックチェーンの可能性を最大限に引き出す」ことに注力するという。

 Intelのブロックチェーンアクセラレーターは、SHA-256アルゴリズムに基づくマイニングで現在主流のGPUに比べ、ワットあたりのパフォーマンスが1000倍以上になる見込みだ。

 この新チップでは、アーキテクチャーをごく小さなシリコン片に実装できるので、Intelの現行の製品供給に及ぼす影響は最小限にとどまるはずだとKoduri氏は予想している。

 Intelはまた、同社のアクセラレーテッドコンピューティングシステム・グラフィックスグループ内に、カスタムコンピュートグループを新設することも明らかにした。同グループは、ブロックチェーンなど顧客のワークロードに最適化された、カスタムシリコンプラットフォームの構築に注力する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]