「Suica」が駐輪場定期券に--東海技研のシステムと連携

 東日本旅客鉄道(JR東日本)、JR東日本メカトロニクス、東海技研の3社は2月10日、JR東日本が発行する「Suica」を駐輪場の定期券として利用できる実証実験を実施すると発表した。

 
 

 2月14日~3月31日まで、JR横浜線の鴨居駅前、千代松駐輪場で実施する。

 
 

 同実験では、東海技研が提供する駐輪場システム「サイクルン」の定期ウェブ申込システム「CyclunePedia」と、JR東日本メカトロニクスが提供する各種IDの連携システム「ID-PORT」を接続。日頃利用しているSuicaやモバイルSuicaのID番号を専用サイトに登録することで、対象の駐輪場ゲートを導入している駐輪場で定期券として利用するものとなる。また、「PASMO」の利用も可能。

 なお、ID番号の登録にあたっては、JR東日本が提供する「Suica認証情報提供サービス」を活用し、IDの安全な管理にも配慮した仕組みを採用した。

 今後は、レンタサイクルなどの利用にもサービスを拡大する予定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]