トヨタ、自動運転車のドリフト走行に成功--障害物回避やブラックアイスバーンで安全性向上

 トヨタ自動車の子会社で、人工知能(AI)開発などを手がけるToyota Research Institute(TRI)は、自動運転車をドリフト走行させることに成功した。これは世界初の事例だという。

自動運転でドリフト走行(出典:TRI)
自動運転でドリフト走行(出典:TRI)

 TRIは、「Toyota Supra(スープラ)」を自動運転車に改造。ハンドルやアクセル、クラッチ、ギアなどをコンピューター制御し、ブレーキは4輪それぞれ個別にかけられる。そして、走行中に障害物を発見すると、ドリフト走行して回避するようプログラミングした。

スープラを改造(出典:TRI)
スープラを改造(出典:TRI)
障害物をドリフトで回避(出典:TRI)
障害物をドリフトで回避(出典:TRI)

 この自動運転システムは、毎秒20種類の走行ルートを計算し、走行中にギクシャクさせることなく車体のバランスを保てるそうだ。

 TRIは、ドリフト走行を自動実行可能とすることで、悪路などでの安全性が高まると考える。たとえば、突然ブラックアイスバーンや障害物に遭遇しても、ドリフト走行で事故を回避できるとしている。

自動運転車がドリフト走行(出典:TRI/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]