KDDIとヤマト運輸ら、荷物を車のトランクへ「置き配」する実証実験--トヨタのデジタルキーを活用

 KDDI、ヤマト運輸、プライム ライフ テクノロジーズは2月1日、デジタルキーを活用して荷物を自家用車のトランクへ配達する実証実験を、国内で初めて実施すると発表した。

 スマートフォンをクルマの鍵にするデジタルキーはトヨタ自動車(トヨタ)から提供を受けているため、参加者はトヨタ製の自家用車を所有する、東京都と愛知県の一戸建て居住者が対象となる。期間は2月1日から4月30日まで。

 
 

 今回の実証実験では、参加者の自家用車にデジタルキーで解錠可能な専用デバイス「Smart Key Box(SKB)」を設置。参加者にECサイトから商品を購入してもらい、ヤマト運輸のEC商品配送宅配サービス「EAZY」にて配達場所を「車内への置き配」に指定することで、配達員が車両のトランクなどをデジタルキーで解錠して、商品を配送するものとなる。

 参加者はスマートフォンに専用アプリをダウンロードすることで、デジタルキーと宅配サービスの設定、操作が可能。また、専用アプリでは、配送状況や再配達の指示などもできる。

 
 

 KDDIは、今回の実験をスピーディーかつ低コストで実現するため、スマートフォンアプリとIoTサービスプラットフォームを組み合わせたシステムを提供。同システムを自動車業界だけでなくさまざまな業界の法人顧客へと提供し、ビジネス課題の解決や利便性向上に寄与する「コトサービス」の実現、ならびに企業や社会のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援していくという。

 ヤマト運輸では、デジタルキーを活用した多様な受け取り方法の検討を進めており、これまでオートロックのあるマンションでの実証実験などを実施してきた。今回の実験を通じて、デジタルキーを活用した新たなオペレーションの実現性を検証する。今後は、ヤマト運輸が開発した複数社のデジタルキーを同時に管理できるマルチデジタルキープラットフォームと連携させることで、新たな受け取り方を提供していく。

 プライム ライフ テクノロジーズでは、実施エリアの提案と参画する企業とのマッチングなどを実施。今後もさまざまな業種業態の企業との連携を深め、利便性の高い、より良い暮らしの実現を目指すという。

 
 

 3社は、デジタルキーを活用したトランクへの配達により、多様化する荷物の受け取り方法に対するニーズに対応し、利便性の向上を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]