「iOS 15.3」リリース、セキュリティの問題を複数修正

Jason Cipriani (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2022年01月27日 11時01分

 Appleは米国時間1月26日、「iPhone」「iPad」「Apple TV」「Apple Watch」「Mac」シリーズを対象とした複数のセキュリティアップデートをリリースした。「iOS 15.3」「iPadOS 15.3」「watchOS 8.4」「macOS 12.2」「tvOS 15.3」などが公開されている。

iOS 15.3
提供:Jason Cipriani/ZDNet

 アップデートの更新履歴には、「バグ修正とセキュリティアップデート」が含まれていると書かれており、それ以外の変更点や新機能には触れられていない。

 「Apple セキュリティアップデート」のページで、修正された複数の問題について詳しく説明されている。

 iOS 15.3とiPadOS 15.3では、セキュリティに関する問題10件が修正されている。アプリケーションがユーザーの「iCloud」ファイルにアクセスできる恐れがある問題、悪質なアプリケーションがルート権限を獲得できる恐れのある問題、「WebKit」関連の問題などだ。活発に悪用されている恐れがある問題にも対処している。

 また、1月に入って報告されていた「Safari」のバグも修正されているようだ。訪問したウェブサイトが、ユーザーの閲覧履歴や、GoogleのユーザーIDを参照できる恐れがあると指摘されていた。

 iPhoneとiPadは、「設定」から「一般」>「ソフトウェアアップデート」を選択し、プロンプトに従えばアップデートできる。

 Macでは、「システム環境設定」>「ソフトウェアアップデート」を選択する。Apple Watchは、iPhoneの「Watch」アプリを使って最新アップデートをインストールすることができる。Apple TVは、iPhoneと同じ手順でアップデート可能だ。

 「iOS 15.4」では、新機能や改良に期待したい。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]