ヤマト運輸、「宅急便をスマホで送る」が宅配ロッカーから配送可能に--伝票も不要

 ヤマト運輸は1月20日、宅急便の発送手続きをスマートフォンで完結できるサービス「宅急便をスマホで送る」が、ヤマト運輸が設置している宅配ロッカー「PUDOステーション(PUDO)」からの発送に対応したと発表した。同日発送手続き分から受け付ける。

PUDOでの発送手順
PUDOでの発送手順

 対象の荷物サイズは、宅急便(発払い、着払い)の60~100サイズ、60サイズ未満の荷物となる「宅急便コンパクト」(発払い)。利用にあたっては、クロネコメンバーズ会員で、運賃の支払いをオンラインで済ませていることが条件となる。伝票の作成は不要。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、非対面、非接触での対応ニーズが高まったことや、24時間365日稼働しており、都合の良いタイミングで荷物の受け取りができる利便性から、宅配ロッカーの利用が増えているという。

 PUDOからの発送は、メルカリなど一部の個人間取引サイト(フリーマーケット、オークションサイト)や、一部のECサイトの返品業務に限り対応していたが、より都合の良いタイミングで発送できるようにするため、宅急便の取り扱いを決めたとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]