アップルのVR/ARヘッドセット、開発に遅れか--リリースは2023年に?

Bree Fowler (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年01月17日 07時13分

 Appleは、複合現実(MR)ヘッドセットの発売を少なくとも数カ月遅らせることを検討しているという。Bloombergが米国時間1月14日に報じた。

Apple
提供:James Martin/CNET

 Appleは、このヘッドセットを6月のWorldwide Developers Conference(WWDC)で披露し、年内にリリースする計画だったという。Bloombergは事情に詳しい関係者らの話として報じている。しかし関係者らによると、過熱、カメラ、ソフトウエアに関連する開発上の課題が生じ、当初のスケジュールを維持することが難しくなった。関係者らは情報が非公開だとして匿名を条件に語ったとBloombergは報じた。

 開発が遅れていることから、発表は2022年末、あるいはそれ以降となり、発売は2023年にずれ込む可能性があると、関係者らはBloombergに語った。Bloombergの取材に対し、Appleの広報担当者はコメントを控えた。米CNETは電子メールでAppleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

 ヘッドセットは、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の両方を搭載したハイエンドな製品になるとうわさされている。Appleはこれについて公にしていないが、事情に詳しい別の情報筋によると、この製品は何年もの間開発中で、これまでにも遅れが生じていたとBloombergは報じている。

 データやイメージを現実の視界に重ねて表示することができる現在のARゴーグルより魅力的な製品の開発が期待されている。他社が開発したこれまでのARヘッドセットは、コンシューマーに訴求しきれていない。VRヘッドセットはARより成功しているかもしれないが、コアな一部のゲーマーの間でヒットしているにすぎない側面がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]