フォルクスワーゲン、2021年の世界EV出荷台数は36万9000台で過去最高--前年比73%増

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)は、2021年に全世界で出荷したバッテリ電気自動車 (BEV)およびプラグインハイブリッド車(PHEV)の台数が、前年比73%増の36万9000台超となり、過去最高になったと発表した。2020年は21万2000台超だった。

電動車が過去最高の36万9000台(出典:VW)
電動車が過去最高の36万9000台(出典:VW)

 内訳は、BEVが26万3000台(前年比97%増)、PHEVが10万6000台。BEVおよびPHEVの全体に占める割合は7.5%弱で、前年の4%から倍増。お膝元のドイツでは、出荷したVW車の4台に1台がBEVかPHEVだった。欧州においては、VW車の19.3%がBEVまたはPHEV(前年は12.6%)。

 地域別のBEV出荷台数は、中国向けが7万7100台で前年比437%増。米国向けは1万7000台弱で、前年に比べ20倍近い台数。

 エンジン車も含めた総出荷台数は、約489万7000台で前年比約8%減。半導体不足が響いたという。そのため、受注残台数が積み上がっており、欧州だけで過去最高の54万3000台あるそうだ。その内、BEVの「ID」シリーズは9万5000台。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]