羽田空港第3ターミナルに「Amazonロッカー」--隔離対象者向け、3日間保管

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾンジャパンは1月13日、羽田空港第3ターミナル(国際線ターミナル)に、通販サイト「Amazon.co.jp」の荷物を受け取りできる「Amazonロッカー」を設置したと発表した。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、一部指定地域からの入国者に隔離(待機)措置が講じられていることを受けて設置したもの。指定の宿泊施設などに向かう前に、アマゾンの注文商品を非接触で受け取ることができる。

ロッカーは第3ターミナル1階に設置している
ロッカーは第3ターミナル1階に設置している

 羽田空港第3ターミナルに設置されたロッカーは、ロッカー名「Sun」「Mercury」「Mars」の3台。いずれも横並びで設置されており、「宿泊施設へ移動する前」のみ受け取りが可能。家族や知人が代理で注文した商品の受け取りもできる。

 ロッカーに空きがなかった場合は利用ができないほか、3日の保管期間を過ぎるとキャンセル扱いになる。なお、検疫所が確保する宿泊施設で待機しない場合は利用できない。

 設置場所は、第3ターミナル1階で、営業時間は24時間。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]