アップル、韓国で「App Store」以外の決済システムを容認へ

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年01月12日 07時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが韓国で新たな規制に対応するため、「App Store」以外の決済システムを認める計画を提出したと、韓国政府の通信委員会(KCC)が現地時間1月11日に明らかにした。The Korea HeraldReutersが報じた。

App Storeのロゴ
Angela Lang/CNET

 Appleにコメントを求めたが直ちに回答は得られなかった。Reutersは、Appleが「韓国のユーザーの利益になる解決策に向けて、KCCおよび開発者コミュニティーと協力することを楽しみにしている」と述べたとしている。

 韓国では2021年に、GoogleやAppleなど大手IT企業が開発者に対し、自社のアプリ内課金システムの利用を義務付けることを禁止する法律が可決された。この法律では、アプリストアの運営企業が、正当な理由なくアプリの承認を遅らせたり、承認済みのアプリを削除したりすることも禁じられている。

 Googleは11月、「Android」のモバイルアプリについて、韓国でアプリ開発者がGoogle以外のアプリ内課金システムを追加できるようにしたことを明らかにしていた

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]