セガ、札幌市にゲーム開発とデバッグ業務を担う「セガ札幌スタジオ」を設立

佐藤和也 (編集部)2022年01月11日 16時25分

 セガは1月11日、北海道札幌市に自社のソフトウェア開発ならびに、デバッグ業務を担う「株式会社セガ札幌スタジオ」を、2021年12月1日付で設立したことを公表した。

 設立の背景として、同社では近年のデジタルトランスフォーメーション(DX)の急激な進展によって、ゲーム業界においてはデバイスやプラットフォーム、国や地域といった様々な垣根が取り払われつつあり、かつゲーム利用シーンの多様化とそれにともなう利用者の増加から、ゲーム市場の世界的な拡大が続いているという。そして市場拡大にともってゲームコンテンツに対する需要も増大しており、ソフトメーカーにおいては開発体制の強化が急務となっており、質が高く安定的な開発ラインを確保すべく設立に至ったとしている。

 所在地を札幌にした理由として、札幌市は約200万人の人口を抱え、ビルの立ち並ぶ都市部と豊かな自然が隣接する国内有数の都市であること。さらに古くより北海道の政治・経済・文化の中心地であったことから、大学や専門学校などの教育機関が数多く置かれており、人材確保の観点から魅力ある環境という。また同スタジオが生まれ育った地域での就労を希望する人々にとっては就労機会の拡大につながること、さらに自社グループにおいてUターン、Iターンを希望する従業員に対しての選択肢の用意となることを期待しているという。

 セガ札幌スタジオの代表取締役社長には、瀬川隆哉氏が就任する。同氏は「セガでは革新的なコンテンツ創出に挑み、新たな感動体験を創造するというポリシーのもと、60年以上に渡って多様なノウハウを蓄積してまいりました。この度開設するセガ札幌スタジオでは、これらのノウハウを活かし、同地での就労を希望される方々とともに作品作りに取り組み、日本から世界に発信し、楽しんでいただけるエンタテインメントの開発の一翼を担っていきます」とコメントしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]