パナソニック、ゲーミングネックスピーカーにFF14エディション--ロゴとメテオマークをデザイン

加納恵 (編集部)2022年01月07日 13時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月7日、ゲーミングネックスピーカーの新製品として、「ファイナルファンタジーXIV エディション」となる「SC-GN01-FF」を発表した。専用デザインの本体とパッケージを採用した期間限定生産モデルになる。発売は3月25日で、9月末までの生産を予定している。想定税込価格は2万8000円前後。

「ファイナルファンタジーXIV エディション」
「ファイナルファンタジーXIV エディション」

 「SC-GN01」は、10月に発売した肩に乗せてゲームサウンドを聴けるネックスピーカー。4つのスピーカーを備え、オブジェクトの位置や移動をクリアに再現するほか、首元を囲むようにスピーカーを配置しているため、ゲームの世界の中心にいるような音場を得られることが特徴だ。

 音作りを、スクウェア・エニックスのオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」(FF14)のサウンドチームと共同開発しており、ゲームに最適なチューニングを追求。ゲームの世界にいるかのような臨場感と迫力が楽しめる「RPGモード」、 正確な音の定位が得られ、足音などが聴き取りやすいFPSやTPSなどのシューティングゲームに最適な「FPSモード」、人の声が聞き取りやすく、シナリオに没頭できる「Voiceモード」と、ゲームのジャンルに合わせて3つのサウンドモードを選べる。

 SC-GN01-FFでは、本体の天面にFF14のロゴと、メテオマークを印刷し、 パッケージにはFF14と連動したデザインの外装を採用。本製品を起動したときに鳴るメロディは、FF14でおなじみの「プレリュード」をモチーフとしたオリジナルメロディになっている。また、サウンドモード変更時にモード名を知らせる音声ガイダンスには、FF14で「ジョブ」を変更する際の効果音をミックスした。

FF14のロゴと、メテオマークを印刷し、 パッケージにはFF14と連動したデザインの外装を採用
FF14のロゴと、メテオマークを印刷し、 パッケージにはFF14と連動したデザインの外装を採用

 通常モデル同様、ゲーム機とはUSBケーブル1本(一部の機器はUSB ケーブルと音声接続コードで接続)で接続が可能。音の低遅延を重要視するゲーマーの志向に向き合い、周囲の変化に即反応できるよう、 有線仕様になっているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]