KDDIと沖縄セルラー電話、「au」「UQ mobile」の契約解除料を3月31日から廃止

 KDDIと沖縄セルラー電話は12月23日、2022年3月31日に「au」「UQ mobile」の契約解除料を廃止すると発表した。

 契約期間を定めた割引サービス/料金プランの契約解除料を廃止するが、対象の割引サービスや料金プランに加入中の場合、引き続き同じ基本料金で利用できる。

 
 

 契約解除料の廃止に伴い、auブランドでは、「au STAR」の2年契約更新ギフト券の配布を2022年3月プレゼント分で終了する。

 また、「2年契約N」の新規受付を終了する。2年契約Nに未加入の場合は、「au PAY カードお支払い割」を適用することで2年契約N適用時と同じ基本料金で利用できるようになる。

 
 

 UQ mobileブランドでは、「長期利用割引」と「スマトク割」が廃止となる。また、対象料金プランの基本料金を、割引適用後の金額に改定する。

 auブランドの端末購入プログラムも改定する。2019年9月に新規受付終了した「アップグレードプログラムEX/EX(a)」「アップグレードプログラム(タブレット)」「アップグレードプログラム(ジュニア)」において、au契約継続の条件を廃止する。

 au解約後も、機種の買い替えと旧機種回収という条件を満たすことで、分割支払金残額相当分の支払いが不要となる特典は利用できる。ただし、アップグレードプログラムEX/EX(a)とアップグレードプログラム(タブレット)では、引き続きプログラム料の支払いが必要。

 なお、2019年10月以降に提供開始したアップグレードプログラムDX、アップグレードプログラムNX、「かえトクプログラム」「スマホトクするプログラム」では、従来からau契約の有無に関わらず特典が利用可能となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]