Uber Eats、自動運転車による商品配達を2022年から試験開始--Motionalの車両を使用

 自動運転技術のMotionalは、Uber Technologiesと提携し、デリバーリーサービス「Uber Eats」の商品配達を自動運転車で実施すると発表した。2022年の早い時期に、カリフォルニア州サンタモニカで試験サービスを始める予定。

Hyundai IONIQ 5ベースの自動運転車で配達(出典:Motional)
Hyundai IONIQ 5ベースの自動運転車で配達(出典:Motional)

 配達に使用する車両は、Hyundai(現代自動車:ヒュンダイ)の電気自動車(EV)「Hyundai IONIQ 5」をベースにした自動運転車。限定的な環境で自動運転可能な、SAE Level 4に対応しているという。

 なお、Motionalは、Uberと競合する配車サービス企業のLyftと提携し、運転手の乗車しない自動運転車によるタクシーサービスを2023年にネバダ州ラスベガスで開始する計画だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]