Lyft、運転手なし自動運転タクシーを2023年にラスベガスで--ヒュンダイ「IONIQ 5」ベース

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 配車サービスを手がけるLyftと、自動運転技術を開発するMotionalは、運転手の乗車しない自動運転車によるタクシーサービスを2023年にネバダ州ラスベガスで提供すると発表した。

ラスベガスで運転手なしの自動運転タクシー(出典:Motional/YouTube)
ラスベガスで運転手なしの自動運転タクシー(出典:Motional/YouTube)

 Lyftは自動運転技術を持つAptivとともに、2018年初めにラスベガスで開催された家電見本市Consumer Electronics Show(CES)2018の期間中、自動運転タクシーを試験的に運行その後も、Lyftのアプリから配車依頼できる自動運転タクシーサービスを提供してきた。ちなみにMotionalは、Aptivと自動車メーカーHyundai(現代自動車:ヒュンダイ)の合弁会社である。

 これら既存の自動運転タクシーには、安全確保のために運転手が同乗していた。それに対し、今回のサービスでは運転手が乗車しない。車両は、ヒュンダイの電気自動車(EV)「Hyundai IONIQ 5」をベースに開発した自動運転車を使用する。

ベース車両はHyundai IONIQ 5(出典:Lyft)
ベース車両はHyundai IONIQ 5(出典:Lyft)

 ラスベガスにおけるの運転手なし自動運転タクシーのサービスは、段階的に拡充していく。2022年下半期を第1段階として開始し、使い勝手などを検証する。その過程で得たフィードバックを反映させ、2023年より本格的に商用サービスとして提供していく予定。

アプリで配車依頼(出典:Lyft)
アプリで配車依頼(出典:Lyft)

取り組みの紹介ビデオ(出典:Motional/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]