グーグル、「Android Auto」をアップデート--ついにデジタルキーに対応

Antuan Goodwin (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年12月02日 11時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月1日、「Android」のさまざまなアプリとサービスについて、多数のアップデートを発表した。その中には「Android Auto」アプリや最新のAndroid搭載スマートフォンに向けた、自動車関連の新機能も複数盛り込まれている。

 Android Autoには、運転の際に便利な機能がいくつか加わる。その1つは、スマートフォンを自動車につなぐとすぐにAndroid Autoが自動で立ち上がる機能だ。さらに、ホーム画面には常時表示される再生ボタンが加わり、お気に入りの楽曲を1回のタップで再生リストに加えられるようになる。

 Android Autoの音声検索も強化される。「Queens of the Stone Ageの『The Lost Art of Keeping a Secret』をSpotifyで聞く」というように長々と指示を出さなくても、新たな検索アイコンをタップしてアーティストの名前か曲名を言えば音楽を聴き始められるようになるはずだ。

 加えて、テキストメッセージへの返信操作もより簡単になる。「Googleアシスタント」の「スマートリプライ」機能がAndroid Autoで利用できるようになるためだ。受信メッセージ内に質問が書かれているのをアシスタントが検知すると、「はい」「いいえ」「移動中です」など、1タップで返信できる項目が並んだ通知シェードが、画面下からせり出すようになる。

スマートリプライ

提供:Google

 最後に、すでに発表されていたデジタルキー機能がついに使用可能になった。ただし、対応デバイスは「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」、サムスンの「Galaxy S21」のみであり、利用できる国も限られている。

デジタルキー
提供:Google

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]