PayPay、決済すると自動でスタンプカードを取得する「PayPayスタンプカード」の提供を開始へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループ、ソフトバンク、ヤフーの3社が共同出資するPayPayは12月1日、「PayPayスタンプカード」の提供を開始すると発表した。

キャプション

 PayPayスタンプカードは、「PayPayマイストア ライトプラン」に加入している加盟店を対象とするサービス。加盟店はPayPayスタンプカードを無料で発行できるのが特徴で、一定数のスタンプがたまった利用者に対し、プレゼントチケットを付与するタイミングで「PayPayスタンプカード利用料」が発生する仕組みとなっている。

 まずは、「BOOKOFF」(12月1日開始)と「とらのあな」(12月18日開始)で先行して提供を開始する。中小規模の店舗向けPayPayスタンプカードは、準備が整い次第提供を開始する。なお、PayPayスタンプカードの対象店舗は「PayPay」アプリ内から確認できる。


 利用者は、PayPay残高、ヤフーカードおよび、PayPayカードを含めたクレジットカードでの支払い、PayPayあと払い(一括のみ)などを決済方法とした「PayPay」アプリで支払うと、対象店舗のスタンプカードを自動で取得可能。また、支払い時にスタンプがもらえ、一定数ためることで、加盟店が指定するプレゼントとの交換が可能となっている。



 利用者にとっては、事前にスタンプカードを取得する必要がなく、PayPayでの支払いに連動して自動でスタンプが付与されるため、スタンプカードの出し忘れを防止でき、持ち歩く必要がなくなるというメリットがある。

 加盟店は、PayPayで決済した利用者に自動でスタンプカードを発行できるため、再来店やリピーターの増加が期待できるようになる。

 スタンプカード発行にかかる紙代や印刷代などのコストを削減できるほか、決済に連動してスタンプカードやスタンプの付与ができるため、会計時のオペレーションコストを削減し、従業員と利用者双方の負担が軽減可能。

 なお、PayPayの機能一覧から、PayPayスタンプカードを事前に取得することもできる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]