英当局、MetaにGIPHY売却を命令

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月01日 09時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英競争・市場庁(CMA)は現地時間11月30日、Facebookを提供するMetaに対し、同社が2020年5月に買収を発表したオンラインGIFデータベースのGIPHYの売却を命じた。CMAは調査の結果、この買収がソーシャルメディアユーザーや英国の広告主に害を与える恐れがあるとの結論に達した。

MetaとGIPHYのロゴ
提供:Jakub Porzycki/NurPhoto via Getty Images

 CMAの調査では、Metaは他のプラットフォームでGIPHYのGIFを使用する権利を認めないことによって、さらに多くのトラフィックをFacebook、WhatsApp、Instagramに誘導できることが明らかになった。この3つは既に、英国のユーザーがソーシャルメディアに費やす時間の73%を占めているという。また、Snapchat、TikTok、Twitterなどの競合サービスは、さらに多くのユーザーデータをMetaに提供しなければ、GIPHYのGIFが使用できなくなる可能性もあるとしている。

 Metaの広報担当者は、同社は今回の決定に同意できず、不服申し立てを含むあらゆる選択肢を検討していると述べた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]