Twitter、同意ない他人の写真・動画共有を禁止

SEAN KEANE Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月01日 09時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間11月30日、個人情報に関するポリシーを更新し、他人のプライベートな写真や動画を本人の同意なく共有することを禁止すると発表した。自分の写真や動画を同意なく投稿されたとの報告を受けた場合は、削除するという。

Twitterアプリのアイコン
提供:James Martin/CNET

 この規則は、写真または動画やツイートが公共の利益にかなうものである場合は、有名人には適用されない。ただし、有名人に関するそのコンテンツが、「その人物に対する嫌がらせや威圧、恐怖を利用した発言の抑制」を目的に共有されていると同社が判断した場合は、削除される可能性がある。

 写真または動画が広く公開されている場合、報道機関によって報じられている場合、「公共の話題に価値を加えるもの」である場合は、削除されない可能性があるという。また、危機的な状況にある人を救うために個人の写真が共有されている場合は、安全性のリスクよりもその目的が優先される可能性があるとしている。

 Twitterは個人情報に関するポリシーを拡大することで、物理的または精神的な危害から人々を守ろうとしている。このポリシーでは既に、他人の住所や政府発行の身分証明書といった個人情報を共有することを禁じている。他人の年齢や職業の共有や、テキストメッセージのスクリーンショットの共有は、ポリシー違反に該当しない。同社は別のポリシーで、ヌード写真を本人の同意なく投稿することも禁止している。

 このポリシーに対する違反を報告するには、ルールに違反しているツイートの右上隅にある3つのドットのアイコンをクリックして「ツイートを報告する」を選択し、「不適切または攻撃的な内容を含んでいる」、「個人情報を含んでいる」の順に選択する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]