豪政府、中傷するユーザーの情報開示などをSNSに求める法案を検討

Campbell Kwan (ZDNet.com) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年11月30日 11時53分

 オーストラリア政府は、オンラインで荒らし行為を働くいわゆる「インターネットトロール」の「正体を明かす」ようソーシャルメディアプラットフォームに義務付ける新しい法案を検討中だ。それでもネット上の中傷を減らすには効果がないという専門家もいる。

 計画中の法案では、連邦裁判所がソーシャルメディアプラットフォームに対し、誹謗中傷している人物の情報の開示を命じられるようにし、訴訟の提起を可能にする。

 この法案ではソーシャルメディアプラットフォームに対し、他人を誹謗中傷するようなコメントを削除し、当人の同意を得た上でインターネットトロールの身元を明らかにできる、標準的な苦情受付の仕組みを用意することも義務付ける。

 Scott Morrison豪首相は現地時間11月28日午後、「デジタルプラットフォームやこれらのオンライン企業は、このようなコンテンツの削除を可能にする適切な手続きを用意しなくてはならない。人々がこれらのプラットフォームでこういった問題を訴え、当該コンテンツを削除できるような簡単で迅速な方法が必要だ」と述べた。

 Institute for Strategic DialogueのオープンソースインテリジェンスアナリストElise Thomas氏は10月、実名で中傷的コメントを書き込む人が多いため、アカウントを開示するための個人情報提供が義務化されても、ネット上の誹謗中傷がどの程度減らせるかは不明だと指摘した。

 ソーシャルメディアに対して法律で荒らし行為を防ぐことを求めたMorrison首相は9月にも、ソーシャルメディアプラットフォームは「臆病者の宮殿」であり、不快で攻撃的な投稿をするユーザーの特定に積極的でないならばパブリッシャーとしてみなされるべきだと断言していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]