初対面の社外の人との出会いが減少、6割以上は「つながり構築に不安」--Sansanが調査

佐藤和也 (編集部)2021年11月27日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sansanは、東京都と大阪府に在住する20~50代のビジネスパーソン(社外の人と、月に1度以上打ち合わせを行う)1000名を対象として、「今年の出会いとビジネスに関する調査」を実施。その結果を11月22日付けで公表した。調査期間は10月21~25日で、オンライン上でのアンケート調査によるもの。

 今年(2021年)1年、仕事で初対面の社外の人と出会う機会に変化があったかの質問に対して、「とても減った」(37.8%)、「少し減った」(29.6%)の合計が約7割(67.4%)に。2020年に行った同様の調査(2020年11月30日発表「『今年のビジネスの出会い』に関する調査)とほぼ同水準として、コロナ禍が続いたことによる影響が見受けられるという。

 また、出会ったあとにつながりを作れているかどうかについては、「とてもそう思う」、「そう思う」の合計が、東京では42.8%だったのに対し、大阪では31.3%にとどまった。そして「どちらとも言えない」という回答が最も多く、東京では37.6%、大阪では46.5%で、つながり構築に不安を抱えている現状が浮き彫りになったと指摘している。

 緊急事態宣言などにより、外出や対面での交流を制限されてきたなか、仕事における新しい出会いや人とのつながりを以前よりも大切に感じるようになった人は、「とてもそう思う」(17.7%)、「そう思う」(47.1%)の合計で64.8%。新しい出会いの機会が減り、つながり構築にも不安を感じる人がいるなか、改めてその大切さを感じているビジネスパーソンが多くいることが分かったいう。

 コロナ禍において行動が制限され、新しい出会いを得ることが難しい状況となったことで、仕事に支障をきたしたかどうかを聞いたところ、「とてもそう思う」(15.6%)、「そう思う」(33.7%)の合計が49.3%と、約半数にもおよんだとしている。

 リモートワークをはじめとするオンラインでのやりとりが増えるなか、昨年(2020年)と比較して今年(2021年)の方がオンラインコミュニケーションに慣れたと回答した人が、「とてもそう思う」(20.9%)、「そう思う」(43.4%)と、合計で6割以上(64.3%)にのぼったという。

 一方で、オンラインコミュニケーションで言いたいことが言い切れないという傾向も見られ、「あまりできていない」、「まったくできていない」の合計が東京では22.4%だったのに対し、大阪では32.6%。東京と比べて1割ほど多い結果となった。

 直近2年において、これまでに仕事でつながっていた人との関係性に変化があったかを質問したところ、東京では36.8%が「つながりが希薄になった」と回答したのに対して、大阪では約4割(39.6%)という結果に。

 徐々に制限が緩和されるなか、来年の仕事における新しい出会いがどうなるかについての理想を聞いたところ、「増える」(22.0%)、「少し増える」(42.4%)と、合計64.4%が明るい見通しを示した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]