YouTube共同創設者、「低評価」数の非公開化に反対

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年11月18日 11時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeの共同創設者であるJawed Karim氏は、投稿動画に付けられた低評価(dislike)数を非公開にするというYouTubeの決定に納得していない。

YouTubeのロゴとキーボード
提供:Getty Images

 Karim氏は、2005年4月にYouTubeに最初に投稿された動画、「Me at the zoo」の概要欄を書き換えて、反対の意向を表明した。動画はKarim氏がゾウについて語っている短いもので、視聴数は2億回を超えている。新たな概要には次のように書かれている。「劣ったコンテンツを簡単に、即座に判別できることが、ユーザー生成コンテンツプラットフォームには欠かせない。それはなぜだろうか? ユーザー生成コンテンツは優れたものばかりではないからだ。すべてが優れているわけがない。事実、大半は優れたものではない。そして、それでいいのだ」

 同氏は数段落にわたる概要の中で、この決定によりYouTubeの質が低下する可能性があるとも警告している。「YouTubeは凡庸なものばかりの場所になりたいのだろうか? というのも、悪いものが1つもない場所には、素晴らしいものもなくなってしまうからだ」

 YouTubeは先週、「低評価攻撃(dislike attack)」を理由に、公開されている低評価数を非公開にすると発表した。これは嫌がらせ行為の一種で、YouTubeによると、特に小規模な新規のクリエイターを中心に被害が出ているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]