スターバックス、テイクアウト用ステンレスカップを貸し出し--貸し借りにLINE活用

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スターバックスコーヒージャパンは11月17日、繰り返し利用可能なステンレスカップを貸し出す循環型プログラムの実証実験を22日から開始すると発表した。東京都の丸の内エリアにある10店舗で実施し、利用料金はスタート当初は無料。

Re&Goで貸し出すステンレスカップ(左)
Re&Goで貸し出すステンレスカップ(左)

 スターバックスがグローバルで掲げる、2030年までに廃棄物を50%削減する目標達成に向けた取り組みの1つで、使い捨てカップの削減とカップを洗浄して繰り返し使用することによるCo2排出量の削減を目指す。スターバックスでは、洗浄して再利用できるタンブラーなどを持ち込んだ客に対してドリンク価格を22円値引きするキャンペーンを長年提供しているが、このプログラムでは、「手ぶらで来店して、洗わずに返却」できる手軽さが特徴だ。

 NISSHAとNECソリューションイノベータが提供する容器のリユースサービス「Re&Go」を利用したもので、利用にあたってはRe&Goへの登録も必要。容器を借りるさいは、Re&Goの公式LINEアカウントから「容器を借りる」をタップし、カップのQRコードを読み取ることで借りることができる。返却のさいは同じくLINEアカウントの「容器を返却」をタップし、店頭に掲示しているQRコードを読み取り、カウンターに返却する。なお、洗浄は各店舗ではなく、高度な洗浄技術を持つ専用業者が担当する。

 貸し出される容器はステンレス製で、ベンティサイズを除いたホット・アイスのドリンクに対応する。フタも付属し、持ち運びも考慮した仕様。

 実施店舗は、丸の内ビル店、グランスタ丸の内店、KITTE丸の内店、丸の内オアゾ店、丸の内新東京ビル店、丸の内三菱ビル店、大手町プレイス店、大手町東京サンケイビル店、新大手町ビル店、皇居外苑 和田倉噴水公園店(12月1日オープン予定)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]