カメラで書類をコピー&ペースト--「iOS 15」の隠し機能を多数紹介 - (page 2)

Jason Cipriani (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2021年11月24日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドレスバーを画面の下に置けば、ボタンがすべて親指に近くなるのでSafariの操作もウェブページの閲覧もしやすくなる、という発想なのだろう。だが、その方が便利だと全員が感じるとは限らない。そこでAppleも、アドレスバーを元どおり画面の一番上に戻せる方法を用意している。

figure_3
Safariのアドレスバーは下部におかれるようになったが、変更も可能だ。
提供:Screenshots by Jason Cipriani/CNET

 iPhoneでSafariを使っているときに、アドレスバーにある「あぁ」アイコンをタップしてみよう(長押ししないこと、軽いタップだけでOK)。メニューが表示され、そのトップに「上のアドレスバーを表示」という新しいオプションがある。それをタップすれば、アドレスバーは一番上に表示される。

iPhoneの「天気」アプリで、リアルタイムの降水をアラート

 人気のお天気アプリ「Dark Sky」をAppleが買収したとき、筆者は真っ先に、iPhoneの純正天気アプリで降水・降雪に関するアラートがリアルタイムで表示されるようになれば、と期待した。雨に遭わないように、よく使っていた機能だった。そのアラート機能がiOS 15で登場した(こちらも一部の国と地域のみ対応)。Dark Skyのアラートより数分前に表示されることが多いが、それは全く問題ない。

 iOS 15にアップデートしたら、「天気」アプリを開き、画面右下にある3本線メニューをタップする。次に、画面の右上にある「・・・」の入った丸いアイコンをタップしてから「通知」をタップする。

figure_4
アラートで雨や雪の正確な時間を教えてくれる。
提供:Screenshots by Jason Cipriani/CNET

 「現在地」の隣にあるスイッチをオンの位置にスライドして、「完了」をタップする。複数の都市を追加している場合、都市ごとにアラートを有効にできる。

 これ以降、雨や雪が近づいてくると、降り出す数分前にアラートしてくれる。もうすぐ止みそうだ、というときにもまたアラートが届く。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]