アップル、製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンのCEOを取締役に選任

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年11月11日 12時06分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間11月9日、製薬大手Johnson & Johnsonのトップを務めるAlex Gorsky氏を取締役に選任したと発表した。同氏はJohnson & Johnsonで2012年から会長兼最高経営責任者(CEO)の職にある。

Appleのロゴ
提供:James Martin/CNET

 AppleのCEOであるTim Cook氏はプレスリリースで次のように述べた。「Alexは以前からヘルスケア分野におけるビジョナリーであり、その卓越した洞察力、経験、そしてテクノロジーへの情熱を注いで、人々の生活を改善し、より健康なコミュニティーを築くという大義の実現に力を尽くしてきた」

 この分野におけるApple最大の貢献は「ヘルスケア」アプリだ。このアプリはアクティビティー、睡眠、栄養、マインドフルネスなどのスコアがダッシュボードに表示され、「iPhone」や「Apple Watch」の間でデータの同期も可能だ。

 Appleでは、ヘルスケア事業のサービスを拡大し、医師によるプライマリーケア(一次診療)を提供する計画が進行中だったが、この計画は今夏に頓挫し、代わってApple Watchなどのデバイスの販売に軸足を移したようだと伝えられている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]