テスラ、時価総額が1兆ドルを突破

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月26日 13時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Teslaが選ばれし「1兆ドル(約114兆円)クラブ」への仲間入りを果たした。この自動車メーカーがElon Musk氏らによって共同設立されてからまだ20年も経過していない。米国時間10月25日、レンタカー大手のHertzがTesla車10万台の購入を計画しているというニュースを受けてTeslaの株価は急騰し、1株あたり1000ドル(約10万4000円)を超えた。投資家がこのニュースに好意的なのは明らかだ。

Telsa車
Teslaが「1兆ドル企業」に
提供:Tesla

 本稿執筆時点では、Tesla株は1株あたり1022ドル(約11万6000円)で取引されており、これは前日比で112ドル(約1万2700円)以上高く、つまり約12%以上の上昇だ。この株価急騰でTeslaはAmazonやAppleなどごく少数の巨大企業と並んで時価総額1兆ドル超となり、歴史に名を刻んだ。

 Hertzは25日、2022年末までに10万台のTesla車を注文すると発表した。レンタカーの利用者は11月からTesla車を選べるようになり、レンタル中はTeslaの「スーパーチャージャー」ネットワークを利用できる。

 これはTeslaとっては大きな取引だ。2021年第3四半期の納入台数は24万1300台だったことから、Hertzとの取引は1カ月分の生産台数を超えている。Bloombergは今回のHertzとの案件はTeslaにとって42億ドル(約4780億円)の価値があると報じた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]