Netflix、「イカゲーム」世界的ヒットで新規会員数が急増

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年10月20日 11時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Netflixは米国時間10月19日、2021年第3四半期(7〜9月期)の新規有料会員数が438万人だったことを明らかにした。韓国発のNetflixオリジナルドラマ「イカゲーム」の予想を超える世界的大ヒットの波に乗り、Netflixにとって地域別で最大の市場である米国とカナダが成長軌道に戻ったほか、アジアでも新規会員数が再び急増した。

Netflixのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Netflixは株主への書簡の中で、クリエイターが幅広い視聴者にアクセスできるNetflixの世界的なリーチの例として、「『イカゲーム』ほどの好例はない。このドラマは韓国発のユニークなストーリーで、最初に同国で時代の流れをつかみ、その後世界に広まった」と述べた。「イカゲーム」ファンを対象とした消費者向け商品の需要が「高い」といい、「これらの商品は今後、小売販売される」という。

 Netflixは、テレビにとどまらずグローバルなコンテンツと競い合うサービスを自負している。4日にFacebookで世界規模の障害が発生した際には、Facebookがダウンしていた間にNetflixのエンゲージメントが14%急増したことを、今回の書簡で報告した。ただし同社は、エンゲージメントの具体的な測定方法は明らかにしなかった。

 新規会員数が438万人増加したことにより、合計では2億1356万人となった。Netflixは7月、第3四半期の新規会員数が350万人になるとの見通しを示していたが、これを上回ったことになる。金融情報サービス企業のRefinitivによると、アナリストらは平均で新規会員数を390万人と見込んでいたが、今回の数字はこの予想も上回った。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]