アップル、独自チップ「M1 Pro」「M1 Max」を発表--Macをより強力に

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月19日 04時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは10月19日(日本時間)、最もハイエンドな独自チップ「M1 Pro」と「M1 Max」を発表した。同日発表した新型「MacBook Pro」に搭載している。

M1 Max
M1 Max
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

 同社は2020年、新型「MacBook Air」および13インチのMacBook Proとともに「M1」を発表し、2021年には同チップを新型の「iPad Pro」と「iMac」にも搭載した。M1は性能とバッテリー持続の両方を実現したが、Appleは今回、写真家や動画編集者、より高い処理能力を必要とする開発者などのユーザーに適した独自チップを提供する。

 M1 Proは337億個、M1 Maxは570億個のトランジスターを搭載し、それぞれ最大32GBと64GBのユニファイドメモリーに対応する。

 M1 Proは10コアのCPUと最大16コアのGPUを搭載。M1 Maxは同じく10コアのCPUと、32コアのGPUを備える。新たな14インチと16インチのMacBook Proでは、いずれのチップも選択可能だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]