「AirPods Pro」、「音の問題」の修理サービスを1年延長して3年に

Adrian Kingsley-Hughes (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年10月15日 12時34分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの高価格製品「AirPods Pro」には、不具合がなかったわけではない。以前から、使用中に異音(「パチパチ」という音など)がする問題のあることが知られており、Appleは2020年10月、この問題に対応する修理プログラムを開始した。

 Appleによると、対象となる製品は2020年10月より前に製造されたもので、当初の修理プログラムでは対象期間を2年間としていた。

 それから1年が経ち、Appleはこの対象期間を目立たない形でさらに1年延長したようだ。

 サポートページが変更されているのを、Redditユーザーらが発見した。

 問題の現象は以下の通りだ。

  • AirPods Pro から異音 (「パチパチ」という音など) がして、周囲の騒音が大きい時、運動中、または通話中にそれが大きくなる。
  • アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない。たとえば、低音が欠落したり、背景音(街頭や飛行機の騒音等)が大きくなるなど。

 対象となるのはAirPods Pro本体(左右のいずれか、または両方)で、実機検査により問題が確認された場合に交換となる。AirPods Proの充電ケースは対象外だ。

 問題が発生した場合には、次の選択肢がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]