企業のDX推進を「動画」で支援するエビリーが7億円の資金調達

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 動画活用で企業のDX推進を支援するエビリーは10月20日、大和企業投資、地域創生ソリューション、西武しんきんキャピタル、みずほキャピタルを引受先とした第三者割当増資と、金融機関からの融資により、総額7億円の資金を調達したと発表した。

キャプション

 同社は、動画の活用により企業のDX推進を支援するプロダクトとして、法人向けのクラウド型動画配信プラットフォーム「millvi(ミルビィ)」と、YouTubeを中心とした動画SNSデータ分析ツール「kamui tracker(カムイトラッカー)」を開発・販売している。

 同社によると、2016年に動画SNSデータ分析ツールのkamui trackerをリリースして以降、YouTuber、広告主、広告代理店など、2万人以上に利用されているという。コロナ禍において、企業内でのコミュニケーションや教育で動画の活用が進んだことで、クラウド型動画配信システム「ミルビィポータル」の新規契約数も前年比約380%に増加しているという。

キャプション
「kamui tracker」のサービスイメージ

 今回調達した資金については、動画プロダクトの開発強化とマーケティング強化、販売強化に活用する予定。また、開発人材・幹部人材を含む全部門での人材採用も実施していくという。

 さらに、データに基づいた動画制作から配信までをワンストップで提供することで、顧客の動画マーケティング領域、インナーコミュニケーション領域の課題解決を実現するソリューションを強化していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]