au、Apple Watch単体で通話とデータ通信ができる「ウォッチナンバープラン」を提供

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラー電話は10月14日、Apple Watch単体での通話とデータ通信を可能とする「ウォッチナンバー」サービスにおいて、「ウォッチナンバープラン」を10月18日から提供開始すると発表した。

 ウォッチナンバーは、Apple Watchに新たな電話番号を発行し、iPhoneを所有していなくても、メッセージの送信や通話、家族との位置情報共有が可能となるサービス。これにより、Apple Watchを子供に持たせて、見守りデバイスとしても活用できるようになる。

 今回提供を開始するウォッチナンバープランは、250MBのデータ通信を月額385円(税込)で利用できるもので、Apple Watch Series 4以降が対象。また、音声通話は22円/30秒で利用可能。

 なお、同プランの提供開始に伴い、ウォッチナンバーでの「ピタットプラン 4G LTE」への加入の受け付けおよび、「 ナンバーシェアからの移行キャンペーン 」の提供は、10月17日に終了する。

 同社ではこのほか、iPhoneを所有している人向けに、iPhoneとApple Watchを同じ電話番号で利用可能な「ナンバーシェア」(月額税込385円)も提供している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]