ARグラス「Magic Leap 2」、2022年の一般提供目指す

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月13日 11時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 拡張現実(AR)企業のMagic Leapはまだ健在だ。同社は、ビジネス市場を対象とした新しいヘッドセットで、Microsoftの「Hololens」のような分野に参入しようとしている。Magic Leapの最高経営責任者(CEO)Peggy Johnson氏(以前はMicrosoftに勤務していた)は、CNBCのインタビューと米国時間10月11日付けのブログ記事で、新しいヘッドセットについて紹介した。Johnson氏は2021年に入り、メディアに対し、新しいヘッドセットを2021年末までに限定リリースする見通しだと述べていた。

Magic Leap
提供:Magic Leap

 同社の「Magic Leap 2」に対する当面の目標は、視野角の拡大(最初のバージョンは、ARグラフィックスが表示される視野領域が非常に狭かった)、小型化と軽量化、明るい屋外で使用するための調光機能の搭載だ。SnapchatのARグラスNianticMicrosoftの「Hololens 2」を採用)などの現在のARヘッドセットの取り組みは、屋外で使用することをより重視するようになっている。Magic Leapは、オフィスに出社しないリモートワーカーがつながったり、トレーニングしたりする上で役立つものとすることを目指しているようだ。Hololens 2の狙いと非常に似ている。同社はMagic Leap 2を2022年に一般提供したいとしている。

Magic Leap
提供:Magic Leap - Screenshot by Scott Stein/CNET

 またJohnson氏は、「中核的な事業の目的はやはり、エンタープライズソリューションにフォーカスすることだが、引き続きコンシューマー分野でMagic Leapの技術を応用することに強い関心がある。実際、われわれのテクノロジーをライセンスすることへの要望を複数受けており、それらがエンタープライズ市場でイノベーションを実現する当社の能力や位置づけを高めるのであれば、こうした機会を積極的に追求していく」としている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]