Twitter、ブロックせずにフォローを外す機能を提供開始

Adam Benjamin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月12日 12時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間10月11日、約1カ月のテストを経て、フォロワーを管理する新しい手段をウェブ版で提供開始した。この新機能を使うと、フォロワーを削除する(自分のアカウントへのフォローを外す)ことができる。

Twitterのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 本質的には、この機能は「ソフトブロック」と呼ばれる役割を果たす。つまり、削除されたフォロワーはタイムラインに削除元のツイートが表示されなくなるが、ダイレクトメッセージは送れる。削除されたことについて通知もされないし、ブロックされない限り再度フォローすることもできる。

 この新機能はTwitter上での体験をより細かく制御できるようにするための、Twitterによる最新の試みだ。同社は先週も、過熱する可能性の高い会話に入る際、ユーザーに警告する新しい機能をテストしていると発表した。Twitchも9月末、嫌がらせを防ぐための機能を追加している

 ソフトブロックは、ブロックまでしなくとも、自分と他のユーザーとの間にある程度の距離を作ることができる選択肢だ。つまり、相手に気づかれることなく特定のユーザーとの対話を制限するための、控えめな方法だといえる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]