Facebook、サービス障害で推定110億円の収益減--Fortune試算

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月05日 14時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの大規模なサービス障害が、同社の収益に打撃を与えたと伝えられている。

 Fortuneは、「Instagram」や「WhatsApp」などのアプリが米国東部時間10月4日午前11時30分ごろにオフラインになってから午後7時ごろに復旧するまでの間、Facebookが約1億ドル(約110億円)の収益を失ったと推定している。

Facebookのロゴ
Facebookは収益のほとんどを広告収入からあげている。
提供:Angela Lang/CNET

 Fortuneは第2四半期の決算報告の際にFacebookが明らかにした数値を使って、同社の損失を推定した。同四半期、Facebookは約290億ドル(3兆2900億円)の売上高を計上している。つまり、1日あたり約3億1960万ドル(約355億円)、1時間あたり1330万ドル(約15億円)だ。同社はこの数値を使い、停止が続いた期間に基づいて損失を計算した。

 この試算は、大規模なサービス停止がFacebookの広告事業に与える影響を際立たせている。

 Facebookは午後6時30分ごろ、サービスが徐々にオンラインに復旧してきたと発表し、「Facebookを利用している世界中の人々や企業の巨大なコミュニティーに申し訳なく思う。われわれはアプリやサービスへのアクセスを回復するために懸命に取り組んできた。それらがオンラインに戻ってきたことを喜んで報告する。忍耐に感謝する」とツイートしていた。

 Facebookが遭遇した経済的な問題は、収益の損失だけではない。ソーシャルメディア関連の株の大幅な下落と共に、同社の株式は同日5%近く下落し、1株あたり326.23ドル(約3万6000円)となった。 なお、TwitterとSnapの株式も5%以上下落している。

 Facebook株の下落は、同社の最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏の純資産を圧迫し、1216億ドル(約13兆5000億円)まで減少させた。Bloombergによると、同氏はこれによって資産総額のランキングで1つ順位を下げ、現在はMicrosoftの共同創設者であるBill Gates氏の1つ下、世界で5番目に裕福な人物となっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]