アマゾン、家庭用ロボット「Astro」を発表--年内に発売へ

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年09月29日 09時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは、まさに誰もが待ち望んでいた家庭用ロボットを開発したのではないだろうか。同社が米国時間9月28日に開催した秋のイベントで発表した自律型ロボット「Astro」は、同社の人工知能(AI)技術の機能を搭載しつつ、SFにインスパイアされている。

提供:Amazon/Screenshot by CNET
提供:Amazon/Screenshot by CNET

 Astroは、「Echo Show 15」、「Amazon Smart Thermostat」、フィットネスバンド「Halo View」、「Ring」製品など、他にも多数の新製品が発表された、1時間に及ぶAmazonの発表イベントの最後に登場し、その愛くるしい瞳で一瞬にして主役の座を奪った。

 Astroは、フロアプランの作成や音声コマンドへの対応が可能で、「Alexa」のすべてのメリットを備え、車輪で機敏に動いてユーザーについて回ることができる。Amazonは発表イベントでAstroを、高齢の両親に付き添うコンパニオンロボットとして紹介し、(求められれば)ビートボックスを披露したり、ビデオ通話を通して家族や友人と定期的につながれるように支援したりできると述べた。

 Astroのコンピュータービジョンにより、外出中に家庭内の様子を確認するためにこのロボットを使用することも可能だ。ペットと一緒に遊べるレベルにはまだ達していないようだが、上に伸びる専用ペリスコープカメラによって、高い棚の上で寝ている猫を確認したりできる。

 Astroは1449.99ドル(約16万1700円)だが、「Day 1 Editions」プログラムを利用すれば、6カ月間の「Ring Protect Pro」サブスクリプション付きで999.99ドル(約11万1500円)で購入できる。数量限定で、2021年末までに米国で発売予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]