「iPhone 13 Pro」をiFixitが分解--修理しやすさスコアは10点中5点

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2021年09月28日 14時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 修理専門サイトのiFixitがAppleの「iPhone 13 Pro」を分解し、この新しい「iPhone」もディスプレイとバッテリーの交換を優先する設計になっているとレポートした。また、他の多くのコンポーネントがモジュール化されており、アクセスや交換が容易になっているという。修理のしやすさを評価するリペアビリティスコアは10段階中5となっている。

iPhone
提供:Patrick Holland/CNET

 iPhone 13 Proでは、イヤースピーカーが本体内部の上部に移動している。(「iPhone 12 Pro」ではディスプレイに固定されていた)。そのため、ディスプレイの交換が容易になった反面、イヤースピーカーの交換は難しくなったとiFixitは指摘する。また、iPhone 13 Proはより大きいL字型のバッテリーを搭載している。Proの新しいディスプレイもバッテリーの持ちを良くするはずだという。

 iFixitによると、iPhone 13 Proは、複数種類のネジを用いていることや防水仕様で修理が難しくなっている。また、ソフトウェアコンポーネントのペアリングや二重ガラスが修理しやすさの減点項目となっている。

 「やはり二重ガラスでは落下のダメージも2倍になる。長年の間に耐久性は向上しているものの、背面ガラスを簡単に交換する方法はやはりない」とiFixitは述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]