デジタルガレージ、不動産売買仲介向け電子契約サービス「Musubell for 仲介」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルガレージは9月27日、不動産売買仲介のDX化を支援する、電子契約一元管理サービス「Musubell(ムスベル) for 仲介」を開発したと発表した。第一導入企業として、野村不動産ソリューションズに提供する。

「Musubell」概念図
「Musubell」概念図

 デジタルガレージでは、2020年7月より、新築分譲マンション市場を対象とした電子契約サービス「Musubell」のサービスを開始している。今回、不動産売買仲介市場に向けに、Musubell for 仲介を開発した。

 本サービスは、不動産売買仲介契約の電子化、および契約から取引完了までのステータスをオンラインで一元管理でき、電子契約法3条に基づいた2要素認証にも対応している。

 販売担当ごとの管理画面を構成し、契約業務全体の把握やスケジュール管理、電子契約のための社内承認機能や契約の進捗管理など、電子契約を活用した不動産販売業務全体の効率化を図った。

 電子契約の機能には、弁護士ドットコムの「クラウドサイン」を採用。本サービスの販売は、デジタルガーレージグループのDGコミュニケーションズが担当する。

 今後はさらに、不動産契約や管理の利便性向上に向け、さまざまなサービスとのAPI連携に加え、書類作成業務の効率化や、取引関係者間の不動産領域のDX化を目的に、サービスを拡充するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]