グーグル、ニューヨークのオフィスビルを約2300億円で購入へ

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年09月22日 14時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間9月21日、ニューヨーク市のオフィスビルを21億ドル(約2300億円)で購入すると発表した。現在リース契約しているマンハッタンの「セントジョンズターミナル」を購入する。2023年中頃に新オフィスをオープンする計画だとしている。

Google
提供:Angela Lang/CNET

 The Wall Street Journalによると、今回の取引額は、米国内の単一のオフィスビルとしてはコロナ禍以降最も高額だという。Googleは、カリフォルニア州以外で最大規模のオフィスになるとしている。

 Googleはニューヨーク市で1万2000人以上の従業員を擁しており、「今後数年間」でさらに少なくとも2000人を雇用する計画のようだ。2018年には、マンハッタン地区のチェルシーマーケットにあるビルを24億ドル(当時のレートで約2700億円)で購入している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]