パナソニック、43V型テレビを家中に移動できる「レイアウトフリーテレビ」

加納恵 (編集部)2021年09月21日 13時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは9月21日、チューナー部とモニター部を別体にし、ワイヤレス伝送ができるレイアウトフリーテレビ「4Kビエラ TH-43LF1」を発表した。4K放送の無線伝送を実現する。発売は10月22日。想定税込価格は24万円前後になる。

レイアウトフリーテレビ「4Kビエラ TH-43LF1」
レイアウトフリーテレビ「4Kビエラ TH-43LF1」

 TH-43LF1は、BS4K、110度CS4Kチューナーを2系統、地上、BS、110度CSデジタルチューナーを3系統と、2テラバイトのHDDを内蔵したチューナー部と43V型の4K液晶テレビから構成し、チューナー部とモニター部は4K無線伝送を実現することで、モニター部の移動を実現する。チューナー部、モニター部それぞれに電源が必要になる。

 4K無線伝送は、5GHz帯と2.4GHz帯を自動で切り替えながら接続。「プライベート・ビエラ」の無線伝送技術と「ディーガ」の高画質圧縮技術をかけ合わせることで、実現したとしており、4K放送による無線伝送技術の搭載は業界初としている。パナソニックによるとプライベート・ビエラと同等の伝送性能を持ち、重量鉄構造の住宅で同フロア内に加え、1階から2階への伝送も可能という。

 チューナー部のHDDには、4K長時間録画モードを備え、4K放送であれば、DRモードで約130時間、長時間モードで最大1560時間の録画が可能。4K放送とHD放送の同時録画、HD放送2番組の同時録画には対応するが、4K放送2番組同時録画は非対応になる。

チューナー部。サイズは高さ8.0cm✕幅21.5cm✕奥行き21.5cm
チューナー部。サイズは高さ8.0cm✕幅21.5cm✕奥行き21.5cm
チューナー部。HDMI出力1系統、USB2.0端子1系統、USB3.0端子1系統(前面)、LAN端子1系統を搭載
チューナー部。HDMI出力1系統、USB2.0端子1系統、USB3.0端子1系統(前面)、LAN端子1系統を搭載

 モニター部は、動かしやすいサイズとして43V型を採用したとのこと。キャスター付きで動かしやすく、アンテナの位置にとらわれず設置できることが特徴だ。3メートルのコードを内蔵し、設置の自由度を高めたほか、マグネット式コンセントを付属することで、足を引っ掛けてもマグネットでコンセントと本体が外れ、つまずきにくいとしている。

モニター部のサイズは高さ118.2cm✕幅98.0cm✕奥行き49.2cm。横から見てもスッキリとした薄型デザイン
モニター部のサイズは高さ118.2cm✕幅98.0cm✕奥行き49.2cm。横から見てもスッキリとした薄型デザイン
部屋中どこにでも置くことを想定し、背面もすっきりと美しいデザイン
部屋中どこにでも置くことを想定し、背面もすっきりと美しいデザイン
モニター部にはヘッドホン端子のほか、HDMI端子2系統、USB3.0端子1系統を備える
モニター部にはヘッドホン端子のほか、HDMI端子2系統、USB3.0端子1系統を備える
キャスター付きスタンドには3メートルのコードを収納できる
キャスター付きスタンドには3メートルのコードを収納できる

 AI技術を活用したシーン認識アルゴリズムで、自動で画質を調整する「オートAI画質」のほか、ビエラ独自の高画質技術「ヘキサクロマドライブ」を搭載し、高画質再生を追求。地上デジタル放送も新4K衛星放送も高コントラスト映像に高画質化する「AI HDRリマスター」に加え、HDR規格は「HDR10」、「HLG」、「ドルビービジョン」の3方式に対応する。

 ビエラのアプリを利用して、Netflix、Amazon Prime Video、Disney+、YouTube、Hulu、U-NEXT、ABEMA、TVerといったネット動画の視聴も可能だ。

リモコン。チューナーのデザインに合わせてホワイトカラーを採用
リモコン。チューナーのデザインに合わせてホワイトカラーを採用

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]