中国版TikTokの「Douyin」、14歳以下の子どもの利用を1日40分に制限へ

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年09月21日 11時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国で大手テクノロジー企業への締め付けが続いている。中国政府がインターネット依存に対する警告を発するなか、TikTokを運営する字節跳動(バイトダンス)は現地時間9月18日、中国で14歳以下の子どもによる「抖音」(Douyin)プラットフォームの利用を制限する新しいルールを発表した。

Douyin
提供:Bloomberg/Getty

 14歳以下の子どもはTikTokの中国版アプリDouyinに「Youth Mode」(青少年モード)でアクセスすることになり、利用時間が1日40分に制限されるとバイトダンスのブログ記事で説明されている。また、午前6時から午後10時の間しかアプリを利用できなくなる。14歳以下で実名登録しているユーザーが対象になるという。

 DouyinはTikTokとほぼ同じだが、コンテンツが非常に厳しく管理されているようだ。天安門事件や新疆ウイグル自治区でのイスラム教徒の扱いなど、政治的に敏感な話題に言及した動画はただちに削除されるとみられている。Douyinのデイリーユーザー数は6億人を超えていると報じられている。

 バイトダンスはこの数年で時代の寵児となった中国テクノロジー企業の1社だ。2020年には世界で最も企業価値の高いスタートアップと呼ばれていたが、中国政府と当時のDonald Trump米政権との地政学的な争いに巻き込まれた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]