LINE FX、売買タイミングをLINEで通知する「売買シグナル通知」--テクニカル指標21種類に対応

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINE証券は9月14日、外国為替証拠金取引サービス「LINE FX」の新機能として、過去の価格データでパラメーターを最適化したテクニカル指標をもとに、売り買いのタイミングをLINE FXのLINE公式アカウントから通知する「売買シグナル通知」サービスを開始した。利用は無料で、同アカウントをLINEで追加することで利用できる。


 LINE FXは、スマートフォンとPCから利用できるFX取引サービスで、利用用途やシーンによって2環境を使い分けることができる。

 LINE FXのLINE公式アカウントでは、従来も経済指標や相場急変動などの情報を提供しており、LINE内のメッセージから直接専用アプリの取引画面にアクセスできることで、スムーズなFX取引を実現している。

 今回サービスを開始した売買シグナル通知機能は、「過去のデータからトレンドや市場心理など様々なものを指標化したもの」であるテクニカル指標を用いた分析において、価格の変化による売買の転換点を通知することもの。売り買いのタイミングを通知することで、ユーザの取引判断に役立つとしている。

通知画面例
通知画面例

 同機能は、米ドル/円、ユーロ/円 、英ポンド/円、豪ドル/円、トルコリラ/円の5種類の通貨ペアと、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、RSIなどの21種類のテクニカル指標に対応する。ユーザーの使い方や好みに応じ、シグナルの勝率とテクニカル指標の通知に関する設定の変更もできるほか、パフォーマンス上位5位以内(累積損益が高い順)のシグナル通知も設定可能。

各種機能の表示例
各種機能の表示例

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]