UPS、ギグワーカーによる宅配サービス事業のRoadieを買収へ--全米で即日配達を可能に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米運送大手のUnited Parcel Service of America(UPS)は、米国でギグワーカーによる宅配サービス事業を展開中の企業、Roadieを買収すると発表した。両社はすでに合意しており、買収手続きは2021年第4四半期に完了する見通し。買収金額など、詳細な条件は明らかにしていない。

荷物を送る人と運ぶ人をアプリで結ぶ(出典:Roadie)
荷物を送る人と運ぶ人をアプリで結ぶ(出典:Roadie)

 Roadieのサービスは、“宅配サービス版Uber”といったようなもので、荷物を送りたい人と、報酬を得て荷物を運ぶ人とを、スマートフォン用アプリを介して仲介する。移動中の乗用車などに荷物を載せて運んでもらうことで、米国各地で即日配達を可能にするとしている。

 サービス対象地域は全米世帯の9割に届くほどで、2万件以上の郵便番号の範囲をカバーするという。ドライバーとして登録しているユーザーは、20万人いる。

 買収後も、RoadieはUPSサービスと独立して、現在のサービスを継続提供する。UPSは、既存サービスで受け付けていないサイズの荷物、生鮮食品、梱包していない物品などを運べる新たな輸送手段として、Roadieを活用する。

“宅配サービス版Uber”といったRoadie(出典:Roadie)
“宅配サービス版Uber”といったRoadie(出典:Roadie)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]