ビクター、新開発「8K/e-shifX」搭載で8K画質を体感できるD-ILAプロジェクター

加納恵 (編集部)2021年09月13日 13時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは、ビクターブランドからD-ILAホームプロジェクター3モデル「DLA-V90R/V80R/V70R」(税込価格:275万円/165万円/125万円)を発表した。8K60p入力に対応する。発売は11月下旬。

「DLA-V90R」(右)、「DLA-V80R」(左)
「DLA-V90R」(右)、「DLA-V80R」(左)

 JVCケンウッドでは、D-ILAホームプロジェクターをJVCブランドで展開していたが、新製品からビクターブランドとして展開。高画質ホームシアター用プロジェクター分野をけん引していく方針だ。

ビクターブランドを採用する
ビクターブランドを採用する

 DLA-V90R/V80Rには、1画素を斜めに0.5画素シフトすることで解像度を倍増化する高解像度表示技術「e-shift」テクノロジーと、0.69型ネイティブ4K「D-ILA」デバイスの組み合わせによる独自の「8K/e-shift」テクノロジーを進化させた「8K/e-shifX」を搭載。シフト方向を従来の斜め2方向から、上下左右の4方向にし、8K(8192×4320画素)の高解像度表示の再現能力を向上させている。

 0.69型ネイティブ4K「D-ILA」デバイスを採用し、パネル駆動を従来モデル(120Hz相当)の2倍となる240Hz相当の高速で映像を表示させることが可能。これにより、上下左右4方向にシフトさせる8K/e-shiftXを実現したとしている。

 DLA-V90Rには100mm、DLA-V80R/V70Rには65mmレンズを搭載。光源にブルーレーザーダイオードを採用した独自のレーザー光源技術「BLU-Escent」を搭載し、DLA-V90Rでは3000lm、DLA-V80Rでは2500lm、DLA-V70Rでは2200lmの高輝度と、全モデルで約2万時間の長寿命を両立する。

 サイズは高さ234mm✕幅500mm✕奥行き528(DLA-V80R/V70Rは505)mmで、重量約25.3(DLA-V80Rは23.1、V70Rは22.5)kg。HDRの最新規格「HDR10+」にも対応する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]