KDDI、SpaceXの衛星通信「Starlink」と提携--au通信網に採用

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは9月13日、高速・低遅延の衛星ブロードバンドインターネットを提供する米SpaceXの「Starlink」を、au基地局のバックホール回線に利用する契約を締結したと発表した。

「Starlink」のウェブサイトより
「Starlink」のウェブサイトより

 光ファイバーに接続された通常のau基地局に加え、Starlinkをバックホール回線としたau基地局を導入してエリアを補完することで、サービス提供が困難とされていた山間部や島しょ地域、災害対策でも、auの高速通信が利用できるようになる。まずは、2022年をめどに、全国約1200カ所からの導入を開始する。

 Starlinkでは、通信衛星を高度約550kmの低軌道上に配置し、世界中に高速・低遅延の衛星ブロードバンドインターネットを提供している。従来の静止軌道衛星と比べ、地表からの距離が65分の1程度と大きく近づくため、大幅な低遅延と高速伝送を実現しているのが特徴。Starlinkは、すでに10万人以上のユーザーに初期のベータ版サービスを提供しており、世界における人口の多い地域をほぼカバーするように拡大を続けているという。

 KDDIでは、総務省より実験試験局免許の交付を受け、Starlinkの通信衛星と地上のインターネット網を接続するゲートウェイ局(地上局)をKDDI山口衛星通信所に構築。現在、品質と性能を評価するため、両社共同による一連の技術検証を進めている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]