ホンダ、自動運転モビリティの技術実証を9月中に開始--公道の実証実験は2022年に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダは9月8日、日本での自動運転モビリティサービス事業展開に向け、栃木県宇都宮市と芳賀町で、自動運転技術に関する技術実証を9月中に開始すると発表した。公道の実証実験は2022年を予定している。

高精度地図を作成する車両
高精度地図を作成する車両

 技術実証では、自動運転車両がより安全に走行するための準備として、地図作成車両を用いた高精度地図の作成から行う。その後、高精度地図が準備でき次第、宇都宮市と芳賀町の公道を自動運転車両「クルーズAV」で走行し、日本の交通環境や関連法令などに合わせた自動運転技術の開発・検証をする予定。また栃木県内のホンダの施設内に実証拠点を新設する。

 同社の自動運転モビリティサービスは、GMクルーズホールディングス、ゼネラルモーターズの2社と共同で展開。今回の技術実証もGMクルーズと共同で取り組む。将来的にはGMクルーズ、GM、ホンダの3社が共同開発している自動運転モビリティサービス事業専用車両「クルーズ・オリジン」を使用してサービスを提供する予定という。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]